三浦南海子の「彩色ケア・色カルタ」ブログ

色カルタ研究会開催

寒桜が一本だけ満開の上野で
第7回色カルタ研究会を開催

今回も作業療法士の二村さんに
「研究」についてのレクチャーいただきました。

一口に研究と言っても、私達はよく理解できていません。

先ずは事例報告の例を取って大変分かり易く教えていただきました。

聞くは易し、行うは難し

研究とは 
「何らかの事実や事象を明らかにしていくこと」
だそうです。

色カルタの効果をこの研究会としていつの日か
発表できれば良いな と大いに感じ入りました。

今迄自分が発表してきた内容の稚拙さも大いに反省です。

PAGETOP