三浦南海子の彩色ケア・色カルタブログ

色使い

彩色ケアとは直接関係ありませんが…

昨年の「世界作業療法学会」に参加した際思ったこと。

外国の方に比べ、日本人はPPT(パワーポイント)の使い方が上手だなあ 
ということ。

勿論全てではありません
たまたまだったのかもしれませんが…
外国の方は一枚の画面のほとんどが英語文で
埋められている人が多い。
しかも単色。見にくい。

日頃、セミナーなどで当たり前のように見ているスライドですが
日本人のテクニックに
その時まで気づきませんでした。

ただ、その後、ますます意識してみると

日本人の中でも残念なことに色使いが微妙で
「勿体ないな~~~~」と思う人が多々いらっしゃいます。

色を意識するあまりと思いますが

目立たせたくて、黄色や赤をやたら多く使う人、
高彩度の色を散りばめる人、
逆に目立たなくて良いところに黄色赤を使う人

折角長い時間をかけて調査研究したのに
発表内容が見にくいのは
勿体ない 勿体ない、残念です。

色彩基礎理論を少しだけ学んでくだされば
より見やすいものが作れますよ。

アドバイスできる機会があれば良いですね。

お問い合わせはこちら

色カルタ・クオリアゲーム®のご購入、資格取得講座、セミナーの開催など、お気軽に問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

色カルタご購入受付

Copyright © 2021 一般社団法人 彩色ケア色カルタ研究所 All Rights Reserved.

PAGETOP