三浦南海子の彩色ケア・色カルタブログ

ほんわか 2

申の年、2日目は
あるカラリストの方からのお話しです。

認知症のある叔母様と 認知症でないお母様と
16歳の青年(お子様)との
色カルタです。

「叔母が自分の選んだカルタの色を眺めて
私はこんな感じの穏やかで優しい色や人が
好きなんだよねと言ったことが印象的でした」と
言うメッセージと共にいただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の叔母(82歳)が参加してくれた時の話ですが、
今まで一度も聞いたことがなかった叔母の初恋の人との思い出を
話してくれた時の叔母の表情と大切な存在や
人を想う気持ちの美しさに感動しました。

自衛隊で遠方に行ってしまったその方は、
亡くなるまでお手紙を送ってくれていたそうでした。
いつも元気でいるかと気遣ってくれる優しい方だったと
乙女のように話してくれました。

現在は気力がないと描いていませんが、
水彩画の絵手紙が得意でとても上手だった叔母です。

可愛い菜の花のような黄色いカルタを選び話してくれました。

最後の方の質問で話してくれたこのことは、
もしかしたら色カルタがなければ
知ることのなかったことかもしれません。

今は要介護3で認知症の治療やディケアのサポートも
受けている叔母ですが、
おしゃれ好きの可愛らしい笑顔が戻った瞬間でした。

たとえ過去の出来事や今は亡き存在であっても
心の琴線に残る大切なものを想い尊いと思い出す時には、
生きるエネルギーが放出されることを実感し立ち会えたことが
嬉しかったです。

 

お問い合わせはこちら

色カルタ・クオリアゲーム®のご購入、資格取得講座、セミナーの開催など、お気軽に問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

色カルタご購入受付

Copyright © 2021 一般社団法人 彩色ケア色カルタ研究所 All Rights Reserved.

PAGETOP