三浦南海子の彩色ケア・色カルタブログ

お母さんの色は

[その2]

「お母さんの色は?」 に対し

育ての両親は子供ができなかったため、兄弟である私の父と
子供を渡す約束をしていた。
その為、私は生まれてすぐに育ての両親の元へ来た。
育ての両親は私の事をすごく大事にしてくれた。

生まれと育ての親が違うことを知ったが、私は育ての親を
本当の両親だと思い続けた。
母は厳しいが、優しい人で、私の憧れだった。
私も母の様になりたいと思った。
しかし、実際に自分が母親になるとうまくいかないことが多く
改めて母の偉大さを感じた。

それでも、両親が始めた酒屋を次の世代に繋ぐべく、
一生懸命仕事をし、現在は娘夫婦が継いでいる。

母の様になれたかはわからないが、母の意思を継いで
酒屋の仕事を頑張り、次の世代へ繋げたことで
人生で自分の責任は果たしたと思っている。

満足そうな顔をして、母の色である薄いピンクと茶色の
カードを見つめていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まさに「人生のものがたり」…私も母を思いました。
ありがとうございます。

もっと見る

自動代替テキストはありません。

お問い合わせはこちら

色カルタ・クオリアゲーム®のご購入、資格取得講座、セミナーの開催など、お気軽に問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

色カルタご購入受付

Copyright © 2021 一般社団法人 彩色ケア色カルタ研究所 All Rights Reserved.

PAGETOP