三浦南海子の彩色ケア・色カルタブログ

母との色カルタ

母との色カルタ

 

色カルタをやっと考えついて、最初にゲームしたのは母でした。

 

その後もゲームを作っていくにあたり、何回も相手をしてもらう。

 

晩年はかなり認知症が進み、なかなかできませんでしたが、

それまでは、色カルタを取る時間がすごく早く、迷いがない。

 

「えーっと」などという言葉は一度も聞かず

質問したとたんに「これ!」と選んでいた。

 

あんなに早く取る人は母以外で見たことがないようです。

立派な認知症状ありの人ですがとにかく、迷いがない。

 

好きなものは?と聞くと

「私はなんでも好きだから」とカードを取らないことがあり 

でも、これはごまかしですね。

 

私が答え(取る色カルタ)を誘導すると嫌がり

これを3問続けたらやる気を失せてしまった。

 

あなたは私に聞いているのだから、私が考えるのよ

本当に全くその通りです!

 

明日(9/21)は中秋の名月だそうですが

秋と言ったら? 黄色のカードを取りながら「月」と即答していたなあ。

 

秋の夜長にもう一度やりたくなりました。

あなたがいてくれたおかげで、今たくさんのジジババが楽しんでくれています。

ありがとう、感謝の気持ちを月光に乗せましょう。

 

 

 

お問い合わせはこちら

色カルタ・クオリアゲーム®のご購入、資格取得講座、セミナーの開催など、お気軽に問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

色カルタご購入受付

Copyright © 2021 一般社団法人 彩色ケア色カルタ研究所 All Rights Reserved.

PAGETOP