三浦南海子の彩色ケア・色カルタブログ

心の思い出

Uさんから、素敵なお話を伺いましたので
紹介します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
デイサービスで色カルタをさせていただきました。
利用者さん5名とスタッフの方3名と私の計9名。
「初恋の色はどんな色」の問いに
86歳の認知症のある
Aさんがラベンダー色を選びました。


ニコニコしながらじっとカードを見て、しばらくしたら
「実家は畳屋。そこに‥」
そこでお話しが止まり、何かを思い出しているようでした。
スタッフの方も何も質問せず、
暫くの間、Aさんの様子を温かく見守っていました。


その後Aさんが満足そうににこやかに頷かれたのを見て、
どなたかが
「今夜の夢には誰が出てくるのかなあ」と
Aさんに話しかけると、
Aさんは「うふふ」と恥ずかしそうに笑いました。
リーダーをしていると
素敵なエピソードを聞き出すことだけに価値を感じてしまい、
参加者の方につい根掘り葉掘り質問して
何とか言葉を引き出そうとしてしまったことがあります。


もしかすると参加者の方が
じっくりと味わうべき体験を奪ってしまい、
その場が単なるリーダーの自己満足の場になって
いたかもしれません。
ラベンダー色の思い出の詳細は
わかりませんが、
スタッフの方を始め、
その場に参加された方々のおかげで
Aさんが豊かな時間を過ごされたことは
間違いありません。


今回のことで、色カルタの時間は
参加者の方の為の時間であることを
改めて気づかせていただく機会となりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このような状況でも、色カルタを実施してくださる
施設の体制も素晴らしいし、
気づきのUさんも素晴らしい。
Aさんはどんなことを思い出していらしたのか
話を聴いて想像できることも素晴らしい時間です。
Uさん、メッセージありがとうございました!!

お問い合わせはこちら

色カルタ・クオリアゲーム®のご購入、資格取得講座、セミナーの開催など、お気軽に問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

色カルタご購入受付

Copyright © 2022 一般社団法人 彩色ケア色カルタ研究所 All Rights Reserved.

PAGETOP